横浜 2019 ファイナリスト

※選手氏名順

赤松 美智子

01_Akamatsu

 

横浜大会のファイナリスト(2019年8月31日〜9月1日)

ジェラート店名: ロイヤルファームアカマツ
〒761-1402 香川県高松市香南町由佐2322-1

フレーバー: Allamanda

夏の大人気フレーバーのアルフォンソマンゴージェラートにすっきりとした酸味のパッションフルーツを合わせたジェラートです。濃厚なマンゴーの果実感を残しながらも、マイルドに仕上げるために、ヨーグルトをプラス。また味のアクセントにフレッシュバジルを使用し爽やかな香りを演出しました。そして食感には、パイナップルの自家製コンポートをふんわりと香るココナッツ風味に炊き上げ混ぜ込みました。夏の定番のトロピカルフルーツを使用した、夏にお召し上がりいただきたいエキゾチックでフレッシュなジェラートです。

大澤 英里子

02_Osawa

横浜大会のファイナリスト(2019年8月31日〜9月1日)

ジェラート店名: 野菜ジェラート専門店なるこりん
〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉字要害38

フレーバー: お食事のように楽しめるシーザーサラダジェラート

シーザードレッシングのジェラートを作りました。フレッシュなレタスの上にシーザージェラートを乗せ、カリカリのベーコンとブラックペッパー、仕上げにオリーブオイルをかけたお食事のように楽しめるジェラート。ガストロノミージェラートです。

facebook


片山 圭介

03_Katayama

 

横浜大会のファイナリスト(2019年8月31日〜9月1日)

ジェラート店名: arima gelateria Stagione
〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町1163

フレーバー: 塩マスカルポーネ きんかん香る甘酒仕立て

発酵食品のマリアージュ。発酵食品のチーズ「マスカルポーネチーズ」と同じく発酵食品の「無添加甘酒」を使用したミルクジェラート。チーズの中にほんのり甘酒を感じる出来上がりにこだわりました。甘酒を使用することで、糖分の補間につながり、やさしいジェラートに仕上がっています。塩を足すことでよりチーズ感が出るようにし、かつ金柑を手絞りした果汁をたすことで、爽やかさとすこしの苦みを持たせました。バリエーションとして、金柑コンフィチュールとバルサミコソースを掛けると、また違った奥行きの出る味わいになります。

website-icon

岸本 友之

04_Kishimoto

 

横浜大会のファイナリスト(2019年8月31日〜9月1日)

ジェラート店名: ドリームヒル
〒080-1408 北海道河東郡上士幌町東2線239番

フレーバー: ライム&黒ほうじ茶のチョコレートジェラート

黒ほうじ茶は香ばしいながらデリケートな風味のため、ミルクチョコレートをチョイスしカカオ分を抑えつつマイルドな仕上がりにしました。アクセントのライムジャムを合わせてジェラート全体を引き締めています。ミルクチョコレートと黒ほうじ茶でガナッシュを仕込み、それを半日冷蔵庫で状態を安定(チョコレートに黒ほうじ茶の香りを十分に移す)させたものに、ホワイトベースとライムジャムを合わせフリージングしました。


facebook
   website-icon 

高野 欽市

05_Takano

 

横浜大会のファイナリスト(2019年8月31日〜9月1日)

ジェラート店名: わびさびや
〒376-0006 群馬県桐生市新宿3-4-49

フレーバー: LATTE NOCCIOLE HOUJICHA

和素材ジェラートを作るうちならではのメニューを考えました。イタリアでも日本でも好まれるような2つの国の素材を融合させたジェラートになっています。イタリアでなじみの深いヘーゼルナッツジェラートのアレンジを試みました。濃厚で重めなヘーゼルナッツをほうじ茶がやさしく和らげるよう仕上げました。どちらも主張しすぎないようバランスをじっくり探っています。ラテのイメージでゆるく立てた生クリームを流し黒蜜とローストナッツでアクセントをつけ楽しめる食感になっています。

facebook   website-icon

 比嘉 円香

06_Higa

 

横浜大会のファイナリスト(2019年8月31日〜9月1日)

ジェラート店名: Fontana Gelato
〒900-0031 沖縄県那覇市牧志2-5-36

フレーバー: 南国の夏休み

島バナナをふんだんに使った贅沢なジェラートに、パッションフルーツのゼリー、ココナッツのジェラートとホイップフリームを乗せて。上から自家製ミックスベリーのソースをかけ、彩と芳醇な香りを添えました。種まで食べれる沖縄県産パッションフルーツゼリーの触感がアクセントになっています。『南国の夏休み』は5つの食材から構成されたジェラートです。一口ごとに表情を変える、まるでパフェのようなジェラートを最後までお楽しみいただけます。

藤田 絵梨香

07_Fujita


横浜大会のファイナリスト(2019年8月31日〜9月1日)

ジェラート店名: YOKOHAMA SORAiRO gelato
〒231-0002 神奈川県横浜市中区海岸通1-1 大桟橋共同ビル105

フレーバー: アナナスリコッタ

リコッタチーズとホワイトチョコレートのケーキに、フレッシュなパイナップルとパッションフルーツ、レモンをたっぷりと飾ったようなフレーバーです。口に入れるとパッションフルーツとパイナップル、そしてレモンの豊かな香りが立ち上り、フルーツの持つ爽やかな酸味にオレンジフラワーの蜂蜜の上品な甘さが寄り添います。土台を柔らかな甘みとコクを持ったリコッタチーズで支え、塩とホワイトチョコレートで奥深さを加えました。濃厚な中に華やかさと爽やかさを兼ね備えたジェラートをお楽しみください。


facebook


布瀬 智子

08_Fuse


横浜大会のファイナリスト(2019年8月31日〜9月1日)

ジェラート店名: ジェラート マスモ
〒320-8560 栃木県宇都宮市宮園町5-4 東武宇都宮百貨店地下1F

フレーバー: せとかとパッション ~ピスタチオショコラクリームと共に~

柑橘の大トロ「せとか」の濃厚でジューシーな甘みを存分に味わえるように、水分は控え、レモンなどの酸味は入れずに仕上げたシャーベットと、せとかの酸味を補いながら優雅な香りへと繋ぐ「パッションフルーツ」の香り豊かなクリームタイプのジェラート2種をマーブル状にしてご用意致しました。全体の余韻を長く残すためにパッションクリームの無脂乳固形分を高くしております。使用したリキュールは、アルザスのキュラソートリプルセックコンサントレです。これを選んだ理由は、ドライなオレンジ風味が印象的であった為です。そして、最後に生クリームとホワイトチョコとピスタチオで作るショコラクリームをかけて完成です。このクリームのコクが、せとかとパッションの酸味とマリアージュして、少し肌寒い春のデザートに満足感ある、そして飽きのこない逸品としてお召し上がり頂けると思います。


facebook
   website-icon

松本 愛子

09_Matsumoto


横浜大会のファイナリスト(2019年8月31日〜9月1日)

ジェラート店名: GELATERIA SANTi
〒251-0046 神奈川県鎌倉市御成町2-14

フレーバー: ローズマリーハニー 森の木の実と共に

放牧牛のミルクをベースとして、摘みたてのフレッシュなローズマリーの香りをしっかりと移したジェラート。甘味には、蜂蜜を贅沢に使用。鎌倉産の非加熱蜂蜜を用いることにより、えぐみのない、蜂蜜本来の香りを楽しめる。ハーブの香りと相まって、すっきりとした後味を実現。さらに、蜂蜜と相性の良いナッツを、キャラメリゼして加えることで、味と食感にアクセントをプラスした。季節によって移ろう花々と同じく、時期により蜂蜜の香りも変化します。日本の美しい四季を感じることができるフレーバーをお楽しみください。


facebook   website-icon



棟久 智之

10_Munehisa


横浜大会のファイナリスト(2019年8月31日〜9月1日)

ジェラート店名: Patisserie Café L’oiseaubleu
〒754-1277 山口県山口市阿知須509-16

フレーバー: Bellezza Rossa

暑い夏に朝から食べたい体が喜ぶジェラートをイメージしました。夏バテ予防効果もあり、美を意識される方にも人気のスーパーフード・ドラゴンフルーツをはじめ、ビタミン豊富なベリー類やトマト、バナナなど栄養面にもこだわりました。盛り付け時にスプマンテシロップをスプレーすることで、優しい香りと甘さから始まり、赤いフルーツの素材感、アクセントに感じられるハーブの香りや刺激が飽きることのないストーリーとして広がります。ぜひこのジェラートの世界観を楽しんでください。

website-icon

森兼 友美

11_Morikane


横浜大会のファイナリスト(2019年8月31日〜9月1日)

ジェラート店名: ともみジェラーto
〒605-0932 京都府京都市東山区妙法院前側町451-1-中

フレーバー: Sayoko

れもんとみょうがのソルベット。暑い季節に大会があるのと、アレルギーのある方でも召し上がれるようにミルクベースではなくソルベにしました。できる限り2つの香りを生かして作りたいと思っています。


facebook
   website-icon

山本 英伸

12_Yamamoto


横浜大会のファイナリスト(2019年8月31日〜9月1日)

ジェラート店名: ジェラート醍醐桜
〒719-3145 岡山県真庭市西河内656

フレーバー: 森のスパイス香る黒文字ラテ

自社で搾乳した新鮮なジャージー牛乳を使用し、地元の山で採れたスパイスブッシュとも呼ばれるクロモジという木の枝葉を茶葉のように粉砕加熱し、混ぜ合わせて裏ごしして仕上げます。濃厚なジャージー乳と爽やかなクロモジの香りが楽しめます。

website-icon